保育園のママ友ってどこまで仲良くなればいいのか思い付か、付き合いがおそろしい

保育園に子供を預けていると、ママ友付き合いってむずかしいなと悩みます。
幼稚園だったら朝の時間もお迎えの時間もみーんな一緒で、帰りに園庭で一緒に遊んだり、行事の時に乗り合わせを通じて生じるママ同士も結構見るんです。

しかし、保育園は違う。
朝の時間は決まってなくて早朝から現れる子もいればギリギリの9時に訪れる子もいます。
お迎えの時間もばらばらだし早くても16時ころとなると夕方・・・そこから遊ぼうという雰囲気にななりませんし、そもそも保育園はモータープールが細長いことや、延長保育で子供がいまだに保育中ということもあり、放課後園庭で遊ぶということがNGな園が多いので、そこでママ友との付きあいが発展して行く雰囲気にはないのです。
仲良くしたいな、ママ友欲しいなという気持ちはあるけど、みんな忙しそうにしていたり、逆に速いお迎えで余裕がありそうなママは自分は時間が合わなくて話しかける機会もないしとひどく気を遣うし耐え難い。
どうしても一緒にいる機会や顔を合わす機会がないからどこまで踏み込んでいいのか分からず、いまだにアドレスなど電話を聞けない私だ。
子供同士仲良くなってもお母さん同士気が合うかどうかは思い付かし、年齢もかなりばらばら・・・
私の場合は、一人っ子なので、他にきょうだいがいるママがうらやましくてどうも近づけず、一人っ子のママ同士で固まってある傾向にありました。
しかしこういう2年くらいのあいだに続々と一人っ子を乗り切るママが目立ち、さっぱり取り残されています。
一人っ子同盟というわけではないけど、どっか真実味があったのに・・・というとぐんぐん声をかけ辛くなり、いつしか挨拶さえよく自分からはできなくなってしまいました。
園によっては違うのかもしれませんが、懇談会も小さく顔を合わせるきっかけが本当に無く、このままでいいのかと恐い気持にもなります。
懇談会も恐ろしいとおもって参加に後ろ向きな気持ちになることも多いだ。
自分だけ一人だったらやですなとか、話題がきょうだいについてとかになって一人っ子の自分は話に入れないのではとか、また妊婦さんが増えてたら凹むなとか策することがこわいので懇談会や参観の前日は眠れません。
ママ友付き合いが望むけどこわい、こんな人他にいませんか?https://www.warmbright.co.uk/

保育園のママ友ってどこまで仲良くなればいいのか思い付か、付き合いがおそろしい

介護始める側のケアも大切

家族の介護が始まると当の本人も大変ですが、日々の生活の中で共々その家族も介護疲れや介護うつなどを発症してしまうケースが後を絶ちません。
在宅介護は肉体的な労力はもちろん、精神的にせっぱ詰まる状況になるからだ。
介護経験をしたことのない人に悩みを相談したり愚痴を言ったとしても「親だから仕方ないです!」「間違えても怒っちゃダメよ、うなづいて聞いてあげればいいの。」なんてわかりもしないで平気にアドバイスをいう人もいます。
余計家族としては気持ちがふさぎこみたくなります。
これは一軒、子育てというようなところもありますがとっても違う。
やがて成長するものと老いて行くもののお世話はとも大切ですが、体のがたいや臭い、食事の汚れ、トイレの異臭、コミュニケーションなどそれはそれは違いがあります。介護受ける側としても家族の負担を考え苦しむ人も大勢います。
在宅介護の戦いだ。
ですが、ずらかれない現実からの解決策はいくつかあります。介護認定調査を受け、介護サービスを利用しデイサービスやショートステイを利用し、自宅とは違う場所で介護士に見守られ支援を受けながら生活するため介護やる家族とちょい距離を置くことができます。
もう一つは介護する家族用にできた家族会に参加することです。家族会はお婆さんをと暮らし日頃介護をする家中が入り込み、交流し悩みや相談ごとをしたり、介護の知識を高め居残るなどに活用される場だ。
その他介護の専門家の講習などに参加できたり、ミニデイも開催されその時間は介護受ける側はデイケアに参加し、始める側は家族会に参加できるケースもあります。
ご自宅から間近い家族会はどこでやっているのか調べてみましょう!
情報はどこで入手するかというと包括支援センターに問い合わせをする。家族会以外にも介護に関するセミナーやゼミナールはたくさんやる地域も多いのでこまめに情報を得るのも良いでしょう。
精神的に寄り添い奮い起こし見合う関わりは重要です。
他には地域の特別養護老人ホームや介護老人保健施設が主体になり参加ができるようになっています。
相談しにくいとか話したくないという場もあるかもしれませんがご自分に合う家族会を見つけられ交信こなせる場所が見つかればと思います。http://xn--w8j8crhlbnc8nya5lzfmc9bdb9865tybubj5m.xyz/

介護始める側のケアも大切